×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デモシステム

CapturePresentationComponentPresentationViewComponentMovieDataBaseInputComponentOOoBaseRTCOOoImpressRTC(もしくはPowerPointRTC(C++版Python版))を用いてGUIにより上映中のスライドを操作するシステムを作成します。

以下はシステムのシーケンス図です

あらかじめMovieDataBaseInputComponent付属のPresentation.odbをデータベースに登録しておいてください。

まずは各RTCを起動します。テストとしてシステムを構築する場合は同一PCで起動しても構いませんが、実用する場合には以下のように3台(2台でも可)のPCを用いてそれぞれのRTCを起動してください。

RTC 起動するマシン
CapturePresentationComponent PC1
PresentationViewComponent PC1
MovieDataBaseInputComponent PC1
OOoBaseRTC PC2(PC1、3でも可)
OOoImpressRTC
(もしくはPowerPointRTC)
PC3

PC1はプレゼンテーションを上映するPC、PC3はプレゼンテーションを遠隔操作するPCです。

起動したらRTシステムエディタで以下のように接続してください。

次にコンフィギュレーションパラメータの設定を行います。
まずはこのページのコンフィギュレーションパラメータの設定の項目の通りにCapturePresentation0のコンフィギュレーションパラメータを設定してください。設定しなくても操作は可能ですが、GUIで線を描画する場合に位置がずれます。
次にMovieDataBaseInput0のコンフィギュレーションパラメータを以下のように設定します。

パラメータ名 説明
name Presentation1 上映しているプレゼンテーションの名称です。任意の名前を付けてください。
captureRTCPath localhost\CapturePresentation0 CaputurePresentation0のパスを設定します。
cameraImage image キャプチャした画像を出力するデータポートの名前を設定します。
presentationRTCPath ネームサーバー名\OOoImpressControl0(もしくはPowerPointControl0) OOoImpressControl0(もしくはPowerPointControl0)のパスを設定してください。
slideNumberIn SlideNumberIn スライド番号を変更するデータポートの名前を設定します
effectNumberIn EffectNumberIn アニメーションの実行を指示するデータポートの名前を設定します
pen Pen 線を描画するデータポートの名前を設定します

次にRTCをアクティブ化しますが、先にOOoBaseRTCをアクティブにしておいてください。他のRTCはまとめてアクティブにして構いません。

PresentationViewComponentのGUIを以下の手順で操作してください。

  1. 更新ボタンを押す
  2. リストからPresentation1(任意に設定した場合はその名前)を選択
  3. 接続ボタンを押す

するとデータポートが接続されてキャプチャした画像が表示されるようになります。

GUIに表示される画像が大きい場合は拡大率のスピンボックスの値を変更してください。

この状態でボタンを押す、もしくは表示された画像の上でマウスを動かすと上映中のスライドを操作できます。